業績

チームメンバー紹介へ戻る▶︎

学会報告

  • 高橋英和,石田和弘,割田研司,川和忠治,玉置幸道,宮治俊幸:リン酸亜鉛セメントの諸性質に練和操作の及ぼす影響について―術者と練和者の差異について―.昭歯誌,6:78 - 79,1986.(第5回昭和歯学会例会、東京、1985年12月)
  • 高橋英和,石田和弘,割田研司,川和忠治,玉置華道:各種合着剤に水中保管が及ぼす影響.補綴誌,30(6):1443,1986.(第 75 回日本補綴歯科学会学術大会,大阪,1986 年 6 月)
  • 高橋英和,石田和弘,割田研司,川和忠治,玉置幸道:各種印象材の圧縮特性値と重量変化.昭歯誌,6:204,1986.(第 6 回昭和歯学会総会,東京,1986 年 7 月)
  • 石田和弘 高橋英和,割田研司,古屋良一,川和忠治:トレー形態の違いによる歯列模型の寸法精度.補綴誌,31:1268,1987.(第 77 回日本補綴歯科学会学術大会,盛岡,1987 年 5 月)
  • 高橋英和,村上光広,石田和弘,割田研司,川和忠治:水中浸漬時期がリン酸亜鉛セメントの物性に及ぼす影響.歯材器,7(特別号 12):125 - 126,1988.(第 12 回日本歯科理工学会学術講演会,札幌,1988 年 9 月)
  • 石田和弘,高橋英和,割田研司,川和忠治:全顎歯列の印象および模型の寸法精度-非接触式三次元測定による検討-,歯材器,7(特別号 12 ):198 - 199.1988.(第 12 回日本歯科理工学会学術講演会,札幌,1988 年 9 月)
  • 古屋良一,石田和弘,新谷明幸,割田研司,川和忠治:画像解析装置の応用―新しい咬合力システムの紹介.(昭和 63 年度日本補綴歯科学会関東支部会学術大会,東京,1989 年 3 月)
  • Ishida, K., Warita, K., Furuya, R. and Kawawa, T.: Accuracy of complete dental arch impressions and stone casts using a three-dimensional measurement system.( 3rd Meeting of the International College of Prosthodontists, Toronto, July 1989)
  • ISHIDA, K., SHINODA, H., WARITA, K., TAKAHASHI, H., FURUYA, R. and KAWAWA, T.: Force required for removing impression from complete dentition. J Dent Res. 70:632, 1991. (69th General Session of International Association for Dental Research, Acapulco, April 1991. )
  • 池田光安,寺田紀子,本村一朗,宮治俊朗,石田和弘,船登雅彦,川和忠治:当教室におけるクラウン・ブリッジの統計的観察―平成2年度分について―.昭歯誌,12 (1):88 - 89,1992.(第 11 回昭和歯学会例会,東京,1991 年 12 月)
  • 吉野 諭,福永秀樹,割田研司,石田和弘,川和忠治:印象採得に伴う歯冠色の変化について.(平成 3 年度日本補綴歯科学会関東支部学術大会,東京,1992 年 2 月)
  • 水島彩子,吉元奈美恵,割田研司,石浦雄一,樋口大輔,石田和弘,川和忠治:前装冠用硬質レジンの色調安定性について ─表面硬さの影響─.昭歯誌 , 20, 500 , 2000(第 20 回昭和歯学会総会 , 東京 , 2000 年 7 月)
  • 樋口大輔,川和忠治,石浦雄一,福永秀樹,割田研司,古屋良一,石田和弘,篠田浩人:作業模型の三次元的寸法精度と咬頭嵌合位の再現性.昭歯誌,21: 113 - 117, 2001(昭和歯学会 20 周年記念大会,東京,2000 年 11 月)
  • 西山弘崇,浦野慎二郎,小林茉莉,塚崎弘明,馬淵あずさ,樋口大輔,田中晋平,久松賢,石田和弘,馬場一美:ジルコニア・デンチャーへの樹脂クラスプへの応用,第5回日本デジタル歯科学会学術大会抄録集,2014.
  • 石田和弘,樋口大輔,西山弘崇,馬場一美:アクリリックレジン床義歯のハイブリッド化 ノンメタルクラスプを組み込む義歯製作法,日補綴会誌,6,第123回特別号,310,2014.
  • 石田和弘,石浦雄一,尾関雅彦,馬場一美:アクリルレジン床義歯にノンメタルクラスプを使用し審美および機能回復を行った3年経過症例,歯科審美,32,1909,2020. (第30回日本歯科審美学会学術大会,東京,2019年11月)

論文

  • 高橋英和,石川雅博,大橋日出雄,石田和弘,割田研司,川和忠治:リン酸亜鉛セメントに関する研究―試作練板と操作条件が物性に及ぼす影響について―.補綴誌,31:1011 - 1020,1987.
  • 浜岡正憲,杉野真也,石田和弘,割田研司,川和忠治:付加型シリコーン印象材の理工学的性質について.昭歯誌,8:92 - 98,1988.
  • 石田和弘:三次元測定による全顎歯列の印象および模型の寸法精度―ラバー系印象材の種類とトレー形態の影響―.補綴誌,33:977 - 990,1989.
  • 古屋良一,石田和弘,新谷明幸,割田研司,川和忠治:画像解析装置を応用した咬合力検査システ ム.補綴臨床,22:658 - 661,1989.
  • Ishida,K.:Accuracy of complete dental arch impressions and stone casts using a three- dimensional measurement system-Effects on accuracy of rubber impression materials and trays-. Dentistry in Japan. 27:73 - 79, 1990.
  • 宮崎 隆,堀田康弘,北村政昭,鈴木 暎,宮治俊幸,石田和弘、高橋英和,古屋良一,川和忠治:放電加工を利用した CAD / CAM システムの開発に関する基礎的研究(第 3 報) NCミリング加工による形彫放電加工用電極製作に関する基礎的検討.昭歯誌,11:78 - 83,1991.
  • 石田和弘,高橋英和:付加型シリコーン・ラバー印象材と個人トレー.歯界展望,80:1190 -1191,1992.
  • 池田光安,船登雅彦,本村一朗,宮治俊朗,福永秀樹,石田和弘,川和忠治:クラウン・ブリッジの統計的観察―平成 2 年度分について―.昭歯誌,13:142 - 147,1993.
  • 樋口大輔,川和忠治,久保田雅人,槇宏太郎,鍛冶田忠彦,渡辺昌明,胡田由美子,大野育代,石田和弘:唇顎口蓋裂患者に形状記憶合金併用の接着ブリッジを用いた臨床例.昭歯誌,24:273-276,2004. (第 24 回昭和歯学会総会,東京,2003 年 7 月)
  • 石田和弘 ,石浦雄一,鈴木智恵子,馬場一美,アクリルレジン床義歯にノンメタルクラスプを使用し審美および機能回復を行った3年経過症例, 歯科審美,33,1-14,2020.

チームメンバー紹介へ戻る▶︎

ページトップへ